文字のサイズ小中大
容器&包装ダイエット宣言
株式会社 資生堂
宣言年月日:2015/06/25
■ダイエット宣言(2015/06/25)と活動結果の報告(2016/07/04)
ダイエット宣言1
資生堂は、レフィル商品の配置拡大や、商品のプラスチック製の外箱を紙製・フィルム包装に切り替えるなど、商品の容器・包装の減量化および減容化に取り組んでいきます。
また、環境に配慮した素材の採用を促進し、省資源ならびに環境負荷の低減を目指します。
活動結果の報告
 
【メカニカルリサイクルペットの製品容器への採用】

2015年9月、資生堂は、回収されたペットボトルからメカニカルリサイクルによって再生されたペット樹脂をシーブリーズの容器に採用することを始めました。
メカニカルリサイクルは、ペットボトルからペット樹脂を再生する従来のリサイクル方法であるケミカルリサイクルに比べて再生効率が良く、より負荷をかけずにリサイクルできます。また、高品質であるため、既に飲料用ペットボトルなどに多く採用されています。形状が複雑で厚みのある化粧品容器ならではの課題を解決することで、容器の環境対応が可能となりました。
【活動結果に関するデータ】
シーブリーズにメカニカルリサイクルペットを採用することで、採用前に比べて年間で約22トンのCO2排出量を削減できることになります。
会社名 株式会社 資生堂
本社所在 東京都中央区銀座7-5-5
業種 化粧品・歯磨きその他の化粧用調製品製造業
事業者種類 特定容器利用事業者
取扱容器 紙パック  段ボール  アルミ缶  スチール缶  プラスチック製容器包装  紙製容器包装  その他のガラスびん  茶色のガラスびん  無色のガラスびん 
業務内容 化粧品、石鹸、シャンプー、リンス、医薬品、健康食品などの製造・販売
最終更新日:2015/06/25
TOPページへ戻る