文字のサイズ小中大
容器&包装ダイエット宣言
株式会社 エフピコ
宣言年月日:2014/12/08
■ダイエット宣言(2014/12/08)と活動結果の報告(2015/07/27)
ダイエット宣言1
容器の更なる軽量化に努めます。
2015年度までに2007年度対比13%の軽量化を目指します。

『CO2の見える化』と『CO2削りシロの見える化』に取り組みます。
社内組織『環境戦略会議』で社内のEcoバリューチェーンを構築し、LC-CO2の削減に取り組み、『エコリーフ環境ラベル』、『カーボンフットプリント制度』等に対応します。
活動結果の報告
 
全製品で2007年度比
2014年度軽量化11%達成

2003年度を基準年とする『CO2見える化』実施

CFP準備完了
【活動結果に関するデータ】
・軽量化
2007年度 8.17g/枚
    ↓
2014年度 7.22g/枚
ダイエット宣言2
使用済み食品容器とPETボトルの回収・リサイクルの更なる拡大と高度化に取り組みます。

エコトレー(再生材使用トレー)、エコAPET(再生材使用透明容器)の販売拡大による、LC-CO2の更なる削減を実施します。
活動結果の報告
2014年度
・発泡スチロールトレー回収量 6,375t/年
・透明容器回収量 1,815t/年
【活動結果に関するデータ】
●エコトレー販売量 2万6,000t
●回収・リサイクル効果
<延べ回収量>
・発泡スチロールトレー 11万9,847t
・透明容器 7,821t
・PETボトル 7万4,954t
<原油換算>
約3億9,970万ℓの節約効果
<CO2排出抑制効果>
約9万9,000t-CO2

*エコトレー1㎏使用することで2.27㎏-CO2排出抑制効果あり
*エコAPET1㎏使用することで1.61㎏-CO2排出抑制効果あり
(エコリーフ基準をベースにした計算・検証結果)
ダイエット宣言3
工場見学、出前授業、外部講演、環境関連研修会等を通じ、積極的なコミュニケーションを図り、様々なステークホルダーとの連携・協働によるトータル環境負荷と社会的コストの低減に資する取り組みを実施します。
活動結果の報告
工場見学の受け入れ、出前講座、環境関連展示会、講演活動など、積極的にコミュニケーション活動を実施しました。
【活動結果に関するデータ】
2014年度実績
・工場見学者数 19,562名
・環境関連展示会 14ヵ所
・外部講演47件(聴講者数 5,725名)
会社名 株式会社 エフピコ
本社所在 広島県福山市曙町1丁目13番15号
業種 その他の事業
事業者種類 特定容器製造等事業者
取扱容器 プラスチック製容器包装 
業務内容 ポリスチレンペーパーおよびその他の合成樹脂製簡易食品容器の製造・販売並びに関連包装資材等の販売
最終更新日:2014/12/08
TOPページへ戻る