九都県市 容器包装ダイエット宣言

  • 文字の大きさ

東洋製罐株式会社

宣言年月日:2010/06/29

ダイエット宣言(2010/06/29)と活動結果の報告(2011/06/29)

ダイエット宣言1

<容器包装関連業界の自主行動計画の推進>
今後も引き続き、新規技術の開発により軽量化を推進していきます。業界の自主行動計画では、2004年度に対して2010年度までにスチール缶で2%(東洋製罐は前倒しで目標を達成していますが、更なる削減を図ります)、アルミ缶で1%、PETボトルおよびプラスチック容器で3%の重量削減を目指しています。

結果報告

 

東洋製罐では、2010年度は2004年度に対して、スチール缶全体で1本あたり6.8%と、自主行動計画の目標値を大きく上回る重量削減を達成しました。アルミ缶も1.3%と、目標値を上回ることができ、PETボトル全体(清涼飲料)では4%の削減ができました。

ダイエット宣言2

<缶・PETボトルの更なる軽量化>
東洋製罐では上記自主行動計画の目標値を超える軽量化を目指します。
・TULC(タルク)のさらなる重量削減の検討。
・PETボトルでは、充填技術も合わせ、独自の製品設計や製造方法の改善により軽量化を推進します。

結果報告

 

・従来比6%軽量化した「陰圧軽量TULC(タルク)190g缶」を2008年より販売を開始し、2009年度は約6,600トン、2010年度は約8,500トンのスチール使用量を削減したことになります。さらなる重量削減を目指しています。
・従来比13%軽量化した「取っ手付き1.8リットルPETボトル」の切り替えが進み、2010年度実績で200トン強の樹脂使用量を削減したことになります。
・500mlのPETボトルで、新規充填方法(NS充填システム)に対応した、従来比約30%軽量化ボトルを、2010年6月に販売しました。

企業情報

企業名
東洋製罐株式会社
公式サイト
http://www.toyo-seikan.co.jp/
本社所在
東京都品川区東五反田2-18-1
業種
その他の事業
事業者種類
特定容器製造等事業者
取扱容器
その他の容器包装、アルミ缶、スチール缶、プラスチック製容器包装、ペットボトル
業務内容
金属、プラスチックとそれらの複合材料を素材とした包装容器の製造・販売、食品関連機械、包装システムの販売および技術サービス

最終更新日:2010/06/29

一覧へ戻る